村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。

街中で突然見知らぬ人々が「自分に合わせた動きをして驚かすイベント」があります。

 

初めて体験する方には驚きがあって、サプライズのようなイベントになるようで、CMでも放送されていた記憶があります。

 

しかし、私の場合、臆病なのでとつぜん見知らぬ人が自分に合わせて動き出したら「怖い」ですし、サプライズだとしても「やめてほしい」と思ってしまうような気がします。

 

少しうがった見方をすると、大勢の知らない人が街中で待ち受けているというのは、ある意味自分のふだん通る道が知られているという事であり、「個人情報が洩れている」という事であり、そういった考え方をすると、少し「怖い」物もあるかな、と思ってしまいます。

 

私の場合、サプライズのイベントというよりも「集団につきまとわれて嫌がらせをされている」「被害に合っている」といった表現の方が近いので、どうしても楽しむよりも「やめてほしい」と思ってしまうのではないか、と思いました。

 

素直に楽しめない自分の臆病な性格が嫌になるのですが、私がそういった行為をされている所を想像すると、こういったイベントは、楽しめる方を対象にする事を考える事も、大切なのではないか、と思いました。