村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

受験当時を振り返って

私が大学を受験した時、受験の書類手続きも疎かになってしまうような事がありました。

 

たとえば、受験の申込書を送付する時、申込書の不備を直さないまま「送付してしまった」事がありました。これでは、受験票の「はがき」が送られてくることもなく、受験もできません。この時は、大変疲れており、受験生なのに申し込み書のミスの修正を考える事もありませんでした。今になって思うとひどい状態だったと思います。

 

このような書類は、記載内容をきちんとする事は基本的な事であり、ミスをそのままにした状態で書類を送付するのは「いけない事だった」と思うのですが、不備があっても「あまり考えずに送付してしまいました」。

 

募集要項には様々な項目があり、大学毎に色々な記入欄があって「こうすればいいのだろうか、と思いながら」記入していたのですが、そこで不備がある事に気づきました。しかし、結局「そのまま送付してしまいました」。

 

不備に気づきながら、それを残して書類を送付したことについては、疲れていたという事に加え「ブレーキが効かなかった部分があり、今思っても不適切な事だった」と思います。また、「その時は、その点についてあまり深く考えなかったように思います」。

 

今になって思えば、当時は、様々な要因が重なり疲れていました。応募事項をきちんと書くという規則も疎かになってしまうような「疲弊した状態」で、「判断能力が低下していた」のだと思います。しかし、「その後、いけない事であったという認識を新たにし」、このままでは受験も出来なかったので「後に、修正しようとして」受験センターに赴き、「修正手続きを行いました」。

 

そのようにして、最終的に大学受験のテストを受ける事ができました。しかし、「修正手続きをしたり」、「後々ではありますが時間を割いたにもかかわらず」、結果として入試には不合格となり「いい結果は得られませんでした」。

 

今になって思えば、応募の段階から疲弊しており、その後も「そのまま悪い状態が続いた」コンディションでしたので、受験しても上手くいかないのは当たり前だったような気がします。

 

物事を正しい手順で進めていく気力もなく、空回りしていた事も確かだと思います。

 

このような悪いコンディションの時は、自分を客観的に見つめて自分の状態を正確に認識し、自己管理をしっかりと行う事が大切なのですが、当時はそこまで考えが至りませんでした。

 

ストレスをうまくコントロールし、発散させることが出来るようになると、身体のリズムも整ってくるので、最近は、自己を客観視し、疲れているな、と思ったら、ストレスを発散させたり、ストレスとうまく付き合う方法を模索するようにしています。