村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

インターネットで出来る仕事について

最近は、インターネットで在宅で出来る仕事をしています。

 

仕事の募集を調べると、自身のアプリの評価を不当に上げるための仕事などがあり、そういったものは好ましくないな、と思います。評価を不当に操作するための仕事や、何が目的なのか、「どこが出自なのか分からない」ような仕事などには「手を出さないようにしています」。最近は家電の紹介や翻訳の記事を書く仕事をする事が多く、ひとつ「千」円ほどで記事を書く事ができる仕事をすることが多いです。

 

しかし、さきほどの「千」円の記事のように、インターネットで募集している仕事の一部には「誰からきたものなのか分からない」仕事や、「誰に送られていくのか分からない」ような仕事があります。そのような仕事よりは人同士の顔の分かる関係を築いていきたいと思います。

 

自分の仕事やそこで作り上げたものが「誰に渡っていくのか分からなかった」ようなケースは、よくない事であると思います。今日おこなった「千」円の仕事も、依頼者の顔も名前も見えず、書いた記事がどこに送られていき、どこに掲載されるのか分からないので、その点は、あまり良くないかな、と思います。このような「出自のよく分からない仕事などには、なるべく関わらないようにしています」。個人的には、人の顔の見える関係が理想だと思います。最近は、インターネットでの仕事も、人と会う場合も、人と人との触れ合いを感じる事のできるものを大切にするようにしています。

 

その他にも、記事によっては様々な問題があるため「不適切な内容で消去した」りするものもあり、記事を書く事には、様々な問題や難しい部分があると思います。

 

最近、インターネットで募集をしている仕事の多くは、在宅で仕事を行う事ができ、自宅でお金を稼げるのは良いことだと思います。私もそこで仕事をしているのですが、そのような媒体で仕事をくれる人がいるので、その点には感謝しなければいけないな、と思います。

 

自宅で働く事ができ、お金を得る事ができるのは良い事ですが、そこに至る過程に「周りの人達の助けがあったかもしれない」事を覚えておくのは大切な事だと思いますし、それを忘れるのは「よくない」ことであると思います。