読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

いつでも誰かが助けてくれることについて

ちょっとした些細な話や、つまらない話、見当違いな話のようななんでもない話を、聞いてくださる方がいます。そして、親身になってこちらの話に答えてくださり、そのような時、いい人もいるものだな、と思う事があります。

 

後になって考えてみるとひどい話だったとしても、その話を聞いて、自分の時間を割いて、きちんと対応してくださる方の思いやりに触れると、世の中悪い人ばかりではないな、と思い至ります。

 

私なども、自分の未熟さに気づかずに進んでしまう事があり、後になって自分の状態のひどさに気づく事があります。しかし、そのような時も、親身になって話を聞き対応してくださった方がいた事に思い至り、後になって、あの人はいい人だったのだな、と気づく事があります。

 

そのような時、自分の至らない部分に思い至ると共に、世の中には懐の広い人がいて、間違った方向に進んでいる人や、困った人を助けてくれるものなのだな、と思いました。そして、自分もいつか、そのような人になれるといいな、と思いました。

 

私も、30歳を超え、以前より少しは「まし」になったと思うのですが、まだまだ至らないことが多く、 特に、「年下の人」に助けられたり、時間を割いて対応してもらった時など、その人の懐の深さに感じ入ると共に、自分もしっかりとしなければいけないな、と思います。

 

たとえ絶望的な状況に置かれていても、 誰かから親切にされた時、救われる事はあると思います。

 

そのような親切な心に触れた時、感謝の心を持つことを忘れずに、頑張っていきたいと思います。