村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

さまざまな方法で行われるいじめ問題について

インターネットでは、時々あまり好ましくないページを見かけます。検索すると、動画や「アニメの配信にコメントする形でメッセージを書き込む方法」で、やりとりする事のできるウェブページもあります。調べてみると、その他にも一部のSNSで、メッセージによるいじめも発生していることが分かります。「僕も言葉の暴力の他にもさまざまな暴力による被害によって自殺未遂した」人などのページをみる機会があり、多くの被害が発生していることが分かりました。

 

色々なウェブページを調べてみると「電気ショック」を使用したり「すれ違いざまに必要以上に陰口をつぶやいたり」「ひどいあだ名や合図で脅したり」「頭をひどく殴ったり」様々な形での暴力が繰り広げられ「そのような被害にあっている」人が大勢いるようです。

 

いじめの他には、海外の回線へと「接続を迂回する方法」により「ワンクッション置くことで法的に手出しできない状態」で、迷惑メールを送ったり、運営するページもあるようです。そのようなページには、あまり好ましくないものが多く存在するように思います。

 

いじめ問題に関しては、いじめる側にもいじめられる側にも問題がある、という意見もあります。しかし、いじめる側がエスカレートして、無関係な人までいじめに加わっていき、集団でいじめを行う構図は、あまり好ましくないと思います。

 

このような場合は、いじめられる側がきちんと意見を表明し「いじめの原因と問題点のもととなるトラブルについて、言うべきことはすべて話した」状態で、教師なり裁判所なりの「裁定を待つ」ことが必要であると思います。