村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

受験当時を振り返って

私が大学を受験した時、受験の書類手続きも疎かになってしまうような事がありました。 たとえば、受験の申込書を送付する時、申込書の不備を直さないまま「送付してしまった」事がありました。これでは、受験票の「はがき」が送られてくることもなく、受験も…

SOHOの仕事について

最近は、クラウドソーシングで記事を書く仕事をしています。私の場合、記事の執筆や翻訳業務など、応募の集まるサイトから仕事を選び、短期間の契約で行う仕事が多いです。 しかし、そのようにして記事を執筆していると、「書いた物のネタが不正利用され不満…

テロ等準備罪について

最近、テロ等準備罪が成立しました。これを受けて、テロ等が発生する前に事前に防ぐことが出来るようになったのは、好ましい事であると思います。しかし、この法案は、様々な問題を内包している側面もあり、個人的には監視社会になるのではないか、という危…

当時の事件によっていまだに多くの人々が苦しんでいる事について

オウム真理教の事件から22年の月日が流れています。しかし、関係者の中には、いまだに後遺症や裁判などで大変な思いをされている方もいるようです。 特に、罪のない加害者家族の方々が、20年以上たった今でも、いまだにひどい仕打ちを受け続けているという事…

はがきを使い懸賞などに応募する事について

最近ははがきを使う機会がなくなってきました。私の周りでは、はがきは、ラジオ番組に「ネタを送る」事や、懸賞に応募したりする使い方が多かったと思います。私も、懸賞には何度か応募したことがあります。最近では「覚えている限りでは、一度だけはがきに…

インターネットで出来る仕事について

最近は、インターネットで在宅で出来る仕事をしています。 仕事の募集を調べると、自身のアプリの評価を不当に上げるための仕事などがあり、そういったものは好ましくないな、と思います。評価を不当に操作するための仕事や、何が目的なのか、「どこが出自な…

300円賄賂で得たかもしれませんが、当時は精神的に錯乱状態にあり、ものの考え方がおかしくなっており、正常な判断が出来ませんでした。申し訳ありませんでした。

www3.nhk.or.jp 悲しい事件がありました。このような事件が起こらない事を祈っています。 最近、個人的な用途で日記を書いています。 日記を書く時、何を書こうか色々と考える事があります。日記は、手紙のように誰かに「文章を送るわけではなく」、自分だけ…

95年の事件関係者の文章を読んで

先日、松本宇未さんや麗華さんの書かれた文章を読む機会がありました。そして、そこには、沈黙していたら、わたしたちは殺される、という記述があり、その内容に衝撃を受けました。彼女たちの身に何が起こったのか分かりませんが、20年以上経った今でも苦し…

ナチスの「ガス室による大量殺人」は、繰り返してはならない負の歴史だと思います。「被害を受けた」人々の苦しみは、大変なものであったのではないでしょうか。誰か「ガスによる殺人」に「反対」する人がいなかったのか、当時の状況が分からないのですが、…

ゴッホ展について

東京都美術館で、ゴッホ展が開催されています。それに合わせて、テレビでゴッホの特集番組が放送されたそうです。 その番組を紹介した記事がインターネットに掲載されていて、出演する吉岡里帆さんのインタビューも載っていました。 ゴッホの作品を見ると、…