村野健の日記

日記と日々思うことを書いていきます。必要だなと思ったことを書いていくようにしています。スイスが好きです。

私に否があるのは事実ですので、重ねてお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

情報流出に対して、対策はしたのですが、効果がなかったので、情報流出を利用したり、適切な対応をしていなかったのは事実です。しかし、流出を止めようとした事も事実です。

ウイルスソフトの使用も、色々な所への相談もその時出来る事はしたのですが、今思うと中途半端な対応で、万全ではなかったと思います。

海外で購入した精神安定剤の怪しい薬は、飲む事を中止した方がいいな、と判断し、捨てました。

お詫び

パソコンの画面に文字を入力して、やりとりをしていました。

 

パソコンの情報が漏洩していたのだと思います。

 

しかし、情報漏洩に気づいたのち、セキュリティソフトを使用し、漏洩を防ごうとしました。しかし、なぜかパソコンに文字を打ち込むと反応があり、やりとりが続きました。

 

情報漏洩を防ぐために、色々な所に相談しましたが解決には至らず、なぜやりとりできるのか分からないまま、やりとりしていました。

 

警察には数年前に既に事情を話し、謝罪しています。

 

情報漏洩を放置していたのは、罪に当たる事であり、反省しています。申し訳ありませんでした。

共謀罪について

共謀罪が施行されました。

 

一般人の目線からすれば、何が共謀罪に当たり、罪になるのか、いまいちよく分からない制度だと思います。

 

「共謀しようとした意図はない」にもかかわらず、不当に監視されたり、「選挙妨害などの意図はない」にもかかわらず、出所不明の理由で罪に問われたり、その他の法律と比べると、かなり曖昧な制度だと思います。

 

広い範囲での運用が可能な制度であるぶん、使用者は適切な運用を心がけていかなければならない、と思います。

 

しかし、なんらかの情報を共有しただけで、監視対象にされたり罪に問われる可能性があるのは、少し怖いと思います。

 

共謀罪が成り立つ前提条件として、企業などで機密扱いの文章や「高度に専門的な文章」などがあっても、共謀罪の捜査をしている人は、その情報を盗み見、監視する権限が与えられている事になり、これは問題ではないか、と思います。

 

「機密扱いではなかった」としても、その情報が盗み見られるのは嫌だと思いますし、個人間で会話を交わした内容がテロなどの準備ではないか、と監視対象になる可能性があるのは、少し怖いと思います。

 

しかし、法律が成立してしまったので、小説や映画の題材になるディストピア社会のようにならないようにしてほしいと思います。

 

不思議な偶然について

美術展で絵画を観ている時、躓きそうになり「意図せずびっこを引いているような歩き方になってしまいました。」すると、絵画の説明書きの所に、びっこを引くように歩く~、という説明書きがあるという偶然に遭遇しました。

 

このような偶然が起こった事を不思議に思うと同時に、なぜつまづいたのかその「原因は自分でも分からない」まま、気味の悪い不思議な事もあるものだ、と思いました。

ウイルスとセキュリティソフトについて

パソコンの情報を不正取得するウイルスを作成したとして、高校生が逮捕されました。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00010001-khbv-l04

 

私もパソコンのウイルス対策には十分注意しており、2012年頃からノートンやマカフィといったウイルス対策ソフトを使用しています。

 

しかし、インターネットを利用したクレジットカードの不正利用の被害に遭遇し、個人情報が漏れている可能性に思い至りました。2012年には法務局、2013年には弁護士に相談し、情報漏れの相談をしたのですが、解決には至りませんでした。不正利用された原因を突き止めるため警察にも相談したのですが、セキュリティソフト以上の事は出来ないといわれ、それ以上どうする事も出来ない状態になってしまいました。

 

どこから不正利用の情報が漏れたのか、分からないまま、その状態を放置、色々と試したのは悪かったかもしれません。しかし、それ以上の対策は個人では出来ず、不正利用されている可能性を排除できないままになってしまいました。

 

すると、それでもパソコンの画面に奇妙な表示が出た事がありました。セキュリティソフトとウイルスの関係はいたちごっこのようですが、いつどこで個人情報が漏れるか分からない状況は、何とかしたいと思います。

 

最近はインターネット関連の法整備も進んでいるようなので、逮捕された高校生のような人が出ない事を祈ります。

文科次官の出会い系についての発言が取り沙汰されています。
 
出会い系などのメールやメッセージは、私のところにも普段から頻繁に送られてくる事があります。
 
メールの「通知」は携帯が「振動する」ので予期せぬ場合は驚く事があり、また出会い系のメールは、誰かに見られたらと思うと「心臓」に悪いです。
 
私は「出会い系を利用する目的はなかった」のですが、以前から「頻繁に通知が来るため」どうにかならないか「対処する必要にかられ」迷惑メールを読んだ所、不純異性交遊のメールでした。こういったメールから「お金を払い関係を結ぶケースに発展」する事もあるのだな、と思うと同時に、あまり好ましくないメールだと思いました。しかし、このような通知がいつまでも送られてくるので、対処に困ってしまいました。
 
不純異性交遊を誘う側は、お金のために「意思に反してこのような行為をする必要にかられる」事もあるのだろうか、とも思うのですが、お金は普通に稼ぐ事が一番であり、あまり褒められた事ではない、と思いました。
 
出会い系のメールは削除して、以後そのようなメールは無視しているのですが、いつまでも出会い系のメールやメッセージが送られてくるので、なんとかならないかな、と思っています。
 
インターネットを見ると「不純異性交遊の様子を不正にアップロードされた」動画などがあり、このようなウェブページを見ると「心臓を揺さぶられる」思いがすると同時に「このような事が行われる世界とはあまり関わりたくないな、と思います。」